読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つくるの思った事

Twinkle 所属 office R-2の福田創です。誰かに聞いて欲しい事や思った事を書いているだけですので基本アバウトです。

ただやるだけ

僕はトリッキングだったりブレイクダンスをやる時に逐一つま先を気にしています

体操ではないからそこまで気にしなくていい

と思われがちなんですが、ただやるという事が凄く自分の中で嫌なんですよね

分からない人には分からない話しなんですが2回捻りという技があります

この2回捻り、いわば誰にでも出来る技なのですがこれを足先、膝が曲がった状態で行っても

それは"ただやった"に過ぎない状態だと思うんですよね。

そうであれば1回捻りを完璧に綺麗な状態で極めた方がよっぽどだと、僕は思うんです。

もちろん現場によって技の趣旨は違ってきますが足先まで意識出来ていない安定のない技を何カットも連続でできるとは思えません

すなわち出来たばかりの技で満足しているようではそれは"出来ただけ"です

 

そもそも体を操る系の技に

「これでいいか」なんて場面は有り得ません

常にまだ足りないでしょ

と、上に行きたい人は意識して取り組むべきなのかな、と思いました。