読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つくるの思った事

Twinkle 所属 office R-2の福田創です。誰かに聞いて欲しい事や思った事を書いているだけですので基本アバウトです。

〇〇やってたんでしょ?というセリフ

今回は前置きなしで進めていきます。

僕は半年ほど前まで男子新体操というスポーツをしていました。

きっかけは趣味でやっていたアクロバットをもっと極めたい、とかそんな理由だったかと思います。

今でこそ、そこそこ見れるレベルにはなりましたが昔はホントに酷いレベルでした。

連続バク転は曲がりに曲がるし足は開くしつま先は汚いし…

と数え上げたらキリがありません。

そして男子新体操とはその特殊性故にありとあらゆる所にまで気を遣います。

それは部活のみならず私生活にまで及ぶのですが、全ての指導者が私生活がなってなければ結果は出ない

と口を揃えて言っていました。

掃除、準備、礼儀、言葉遣い、気配り、挨拶

誰しもが

「そんなの出来る」

と思いがちですが実際に取り組んでみるといかに自分が出来ないかが分かります。

おはようございます

でさえも、初めは "恥ずかしくて"言えませんでした。

 

そして私生活での姿勢がある程度出来るようになってきてやっとフロアに上がることが出来るのですがこれもまた大変でした。

いくら上記の事が出来ても実力に反映される訳ではなかったからです。

 

じゃあそんな事なんて気にしなきゃいいんじゃないの

と思いますよね。僕もそう思ってました。

ただやはり、やらせているからには理由があるんです

 

周りへの気配り、細かい所に気付く判断力などを養っていかなければ自身の技への問題点、他人との比較が出来ず、そのレベル止まりで終わってしまうのです。

例えば違うスポーツチームの監督の話を聞く機会があったのですが、やはり強いチームはみなこの考えを持って取り組んでいるそうです。

「競技の前の競技」

と言ったところなんでしょうね

 

すなわち

誰しもが生き抜いてきた辛さがあるのに

〇〇やってたんでしょ?

自分も〇〇やってたらな〜

なんて言葉を簡単に言える人は残念ながらそこまでなのかな~と

 

本当に上達したいならその人を上回る練習をすればいいだけです

20歳を越えてから始めたのに日本代表になったり世界で戦っている人間もいます

というかその競技をやっていると付きっきりで教えて貰えると思ってるなら大間違いです。

基本的にレベルが上がれば上がる程、教えて貰う事よりも自分で研究する方が多いです

さらに言えば競技をやっている人より強い…

上手い人なんてごまんといます

 

自分の実力のなさを誰かにぶつけないでください