読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つくるの思った事

Twinkle 所属 office R-2の福田創です。誰かに聞いて欲しい事や思った事を書いているだけですので基本アバウトです。

20秒の勇気

こんにちは、今日は20秒の勇気についてお話します

これは僕の好きな映画

幸せへのキセキ

で劇中使われるセリフです。

要はどんなに怖いことでも20秒くらいは勇気出せるだろ、頑張ってみろ

という事です、映画でも同じ意味で使われていました。

確かにな〜…と思い、今では僕がビビった時によく思い出してます

 

今日は自分の中で頑張る日でした

どうしても言わなきゃいけない事があって…

でも怖くて言い出せなかったんですね

 

嫌な顔されたらどうしよう

シカトされたらどうしよう

 

って色んな考えが頭に浮かびました。

今までも何度か言い出すチャンスはあったんですがどうしても怖くて言い出せずにいました。

ただ、昨日このセリフを思い出して明日言い出してみようと思って実行に移しました。

結果はといいますと普通に応えてくれました

なんと言いますか、拍子抜けとでも言いましょうか

でも20秒の勇気を出してよかったな

……とそう思いました

結局対人の悩み事っていうのは考えれば考える程悪い方向に進んでしまいがちなんですよね。

「ほら、やっぱり」

と失敗した時の保険を掛ける訳です

でも何故なんでしょうね

大体そう思ってる時ってその反対の答えだったり予想してなかった回答が返ってきたりします

そういう事があると

「ああ、頑張ってよかったな」

そう心から思えます。

 

はい、案ずるより産むが易し

ってやつです

 

ただ、ウチの母親はこの言葉は間違ってる

と言ってました、人によるみたいです(笑)