読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つくるの思った事

Twinkle 所属 office R-2の福田創です。誰かに聞いて欲しい事や思った事を書いているだけですので基本アバウトです。

やりたいようにやれ!

結果を出したいならこれを我慢しろ

 

嫌なこともやらなければ良い思いはさせない

 

なんてのはよく聴く話です

お前の為を思ってやってる系ですよ

このセリフお前の為をじゃなくて

俺が使いやすいように操ってるって事ですから

ホントにその人の事を思っているのであれば

実はこの先の事を考えて…

あるいはこういう状況になった時の練習として…

と仮説を立てて説明すれば納得もいくし、申し訳ないなと自然に思えるはずなんですよね

結局自分の事しか考えてないから

お前の為を思って、なんていうアバウトなセリフで統一されてしまう訳だと思います。

このセリフを使う人に限ってわがまま

ですが

はっきり言って理想的な生き方じゃないかと

 

自分自身部活をやっていた時は

ちくしょう、なんで俺がこんな思いしなきゃいけないんだ

なんて考えながら取り組んでいたものですが大した打開策もなくただ日々を過ごしていくだけでした。

これは組織としての使える人間、使い易い人間です

ただ、辞めてからは少し変わってきました。

違うものに対しては違うと言えるようになりましたし、自分の意見を言えるようになりました。

日本人って言わなくても分かる

みたいなのを美徳としてるのか何なのか、よくわかりませんがそんなの美しくもなんともありませんから

エスパーが使える訳じゃないんですから言わなきゃ分かんないですよ。

それを何でわかんないかな?で片付けてしまっては…どうなるんでしょうね??

言った人は尊敬されなくなるし言われた人は自分はこの程度のやつなんだと思わざるを得なくなる、悪循環に陥ります。

しかもこの言われた人は負の連鎖を断ち切れずに進んでいくから使えない人間のレッテルを貼られて

お前は使えないから雑用しとけ

と誰もやりたがらない仕事を一生やることになるんです

 

結局上に行くなら多少わがままじゃないとダメなのではないでしょうか

あのクソ上司…

って思っても上司、わがままだけど上の人間なんです。

あの上司は優しいけどあの上司は悪い

と様々あると思いますが、優しい上司だって人知れずに他人に自分のワガママを押し通しているものです。

だって…提示されたものに不満を抱きながらも了承してしまったら困るのは自分ですもん

ワガママの形は違えどしっかり自分の意思は通す。

やりたいようにやってみなきゃ分かんないことだらけです

案外、みんな弱いものです。

強がっているように見えて実は弱いなんてザラなので我慢せずたまには押し通してみてください

練習

最近始めた練習は素振り、芝居、蹴り

など様々あるのですが今日は蹴りについてお話します

 

僕は右利きで蹴りも右です

右の脚はある程度操れるようになってトリッキング的な技もこなせるようになりました。

ただ反対の脚はめっぽう弱くて腰の使い方が全然です。

特に回し蹴りが苦手で上手くハマってこないんですよね

ついこの間回し蹴り、後ろ回しを合計で120本やりまして、そこでようやく感覚を掴み始めてきました。

この蹴りというのはとても深いもので力んで蹴ると弱く見えてしまうんです

かといって抜くのもへろへろしてみえて大したことはない感じです。

ここで使われるのが上手い抜きの動作

楽に、でも要所要所のポイントで力を込める

これだけで格段にスピードもキレも増すらしいです。

いわゆる、新体操と同じところだと思います

的確な抜きの運動です

 

とは言っても、体がついてこないのでとりあえずやるしかありません。

体を操るのはいつでも大変です

梨状筋について

デスクワークや同じ姿勢、横向きで寝る姿勢などをとると凝る部位です

お尻の凹み部分より少し上……らしいです

 

僕はいつも寝る前にストレッチ、体のケアをしてから寝るのですが最近そこを覚えたんですよね。

まず足がダルいという症状が改善されるんです

凄く足の付け根部分が軽くなって回しやすい

説明しにくいですけど邪魔をしていた部分が消えると言った感じですね。

ケアの方法としましてはやっぱりテニスボールです。

梨状筋のハマるポイントにテニスボールを置いてあげるとピシッとした痛みが走ります

恐らく凝り固まってる人は電気が走ると思われます(笑)

そのポイントを見つけたらしっかりとほぐす

30秒だけでも違いますので

ぜひやってみてね!

寝る前のストレッチ

今日は簡単に

 

寝る前のストレッチは凄い

何が凄いって次の日の体の調子を良くしてくれるのです

そんな事ある??と思ってしまいそうな話ですが寝る前のストレッチはホントに偉大です。

開脚柔軟とまではいかなくても長座体前屈で膝裏の筋を伸ばすだけでも全く違いますね。

朝のだるさとか体の重さが殆どなくなりますよ

タイミング的には風呂上がりがベストかな

と思います。その頃にストレッチをしていると体温低下と共に体が解れてきて眠くなってくるんですよね。

まあ、今の自分の事ですよ

 

はい、寝ます

ただやるだけ

僕はトリッキングだったりブレイクダンスをやる時に逐一つま先を気にしています

体操ではないからそこまで気にしなくていい

と思われがちなんですが、ただやるという事が凄く自分の中で嫌なんですよね

分からない人には分からない話しなんですが2回捻りという技があります

この2回捻り、いわば誰にでも出来る技なのですがこれを足先、膝が曲がった状態で行っても

それは"ただやった"に過ぎない状態だと思うんですよね。

そうであれば1回捻りを完璧に綺麗な状態で極めた方がよっぽどだと、僕は思うんです。

もちろん現場によって技の趣旨は違ってきますが足先まで意識出来ていない安定のない技を何カットも連続でできるとは思えません

すなわち出来たばかりの技で満足しているようではそれは"出来ただけ"です

 

そもそも体を操る系の技に

「これでいいか」なんて場面は有り得ません

常にまだ足りないでしょ

と、上に行きたい人は意識して取り組むべきなのかな、と思いました。